©2019 by 北の若者塾 @NorthQuest. Proudly created with Wix.com

Facebook Cover.jpg
 
 
  • 源津 憲昭/NorthQuest主宰

P-11. 問題解決の初期プロセスを、小説『雪国』から学ぶ


日本語は、(省略したものを)受け手が穴埋めすることで、コミュニケーションが成立する「受信者責任」の言語、英語は発信する側がすべてを表現し尽くさないといけない「発信者責任」の言語と呼ばれる。 ここに日本語を母国語とするひとの「考える」ことの落とし穴がある。あいまいさに気づかないまま思考を進めている。

あらすじ

身の回りでもっとも多い抽象的な問題は、ます具体的な小問題に分解したのち、それぞれの解を考えます。最後に、得られた解を取りまとめ、元の問題の解とします。この始めのプロセスは思考を言語に変換する作業なので、「言葉力」がとても大切です。


※このブログは つぎの記事の続編です。

(No.71)旭川空港の民営化に備える(びえい未来ネット)


小説『雪国』の英訳

問題解決のプロセスと言葉力の関係を、つぎの例題で説明します。


この例題は、よく英文法の本で見ましたが、近ごろ読んだ教育者の狩野みき氏※の解説は説得力があります。以下、そこから引用した要約となります。

  • 日本語はいろいろなものを省略するが、主語はその典型。そもそも、主語などという概念がないという学者もいる。

  • 英語にも省略はあるが、前に出たもののくり返しになるから省略する。省略したものは文脈から見つかる。

  • 日本語は、(省略したものを)受け手が穴埋めすることで、コミュニケーションが成立する「受信者責任」の言語、英語は発信する側がすべてを表現し尽くさないといけない「発信者責任」の言語と呼ばれる

  • ここに日本語を母国語とするひとの「考える」ことの落とし穴がある。あいまいさに気づかないまま思考を進めている。


さらに狩野先生の主語の問題の答の解説はつぎのとおりです。

  • 『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった』の主語は前半と後半で違う

  • 前半の「長いトンネルを抜けたのは」の主語は、「汽車」、「乗っていた島村」、あるいは「島村を乗せた汽車」のどれか

  • 後半の「雪国であった」の主語は、「汽車」でも「島村」でもない。「そうして着いたところは雪国であった」と解釈するのが妥当で、主語は「そうして着いたところ」となる

  • それを英訳すると野暮ったくなるので、サイデンステッカーは主語をThe train (汽車)に統一して意味的に問題がなさそうと考えたのだろう



問題を論理的に分解する事例

日本語の省略は、良い面として「あうんの呼吸で心を伝え」ます。しかし、悪い面として「問題解決のプロセスであいまいさや思い込み、誤解を与える」といった落とし穴もあります。では、このことを頭において事例をみていきましょう。



最初は抽象的な問題のあいまいなところを穴埋めし、具体的にしていきます。主語に注意して、複数の文章が結合していればそれを無理やり分けます。

  1. 北海道の空港が民営化されるけど良くなるのだろうか?

  2. 北海道の空港が民営化されたら、私のまち(美瑛町)はよくなるかな?

  3. (計画によれば)北海道の民営化で旅客数が最大〇〇万人増える可能性がある。私のまち(美瑛町)の観光客はどれぐらい増える可能性があるかな?

  4. 北海道の観光客が旅客数が最大〇〇万人増えたとすれば(仮説)、美瑛町の美瑛町の観光客数は△△万人増える可能性があるか?--(と言いたい)


論理的には、(A.北海道7空港の旅客数増加)と(B.美瑛町の観光客数増加)の関係を求める問題になりました。

  1. しかしAとBを関係づける統計はなさそうなので、

  2. まず(A.北海道7空港の旅客数増加)ー(C.旭川空港の旅客数増加)ー(B.美瑛町の観光客数増加)の形でアプローチすることとし、

  3. A-Cの関係、C-Bの関係を個々に検証すれば、求めたいA-Bの関係が判るはずだ


まとめ

  • 以上で、与えられた問題が3つの小問題A,B,Cに分解できたので、(続編にて)北海道エアポート㈱の計画書の数字とチャートをつかいながら(B-美瑛町の観光客増加)の可能性を求めたいと思います。

  • (B-美瑛町の観光客増加)の可能性が判ったときはじめて、実現のためにしなければならないこと(課題)とアクションプランを導くことができることとなります

  • 与えられた問題の答の出しかたを先に考える、たとえばスキージャンプでいえば着地の仕方をはじめに考える、応用問題でいえば先に方程式を作っておくということ、そして言葉力が何より大切な役割を果たしたということですね。

  • この事例は数字を求めるものですが、数字がない問題もほぼ同じパターンとなります。

28回の閲覧

よくある質問

​サイト会員ーログイン/登録

サイト会員になると記事の最後にあるコメント欄に記入できます。ブログ記事の右上にある「ログイン/登録」のボタンからサイト会員に登録できます。読者の皆さまのコメントをお待ちしています。なお登録したログイン情報はスマートホンなど他の端末でも使うことができます。

​​いいね

ブログ記事がよかったと思われましたら記事の下にあるハートマークの「いいね」のボタンを押してください。読者の皆さまのいいねが執筆の励みになります。よろしくお願いします。なお、「いいね」を押されても個人情報が伝わるわけではありませんのでご安心ください。

​メールマガジンの購読

メールマガジンを購読すると新しいブログ記事をいち早くご案内できます。登録の方法は、各ページの下にある「購読フォーム」にメールアドレスを入れて送信ボタンを押すだけです。自動の確認メールが届いたら手続き完了です。

その他の質問

その他の質問やリクエストがございましたら、ページの上部にあるメールアドレスか問合せボタンからお願いいたします。

 
 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now